女子校ノリがエロすぎる

気分が向いたので感想文を書いてみようと思う。

 

実はAVをスキップなどをせずに丸々一本通してみたのは今回が初めてで、なかなか長かったし、下手に触るとすぐにイってしまいそうなので、本当に約50分1チャプターを鑑賞し終わってから抜くみたいな感じだった。

 

今回見たAVはHunterの「女子同士の悪ノリがエロすぎてヤバい!去年まで女子校だったせいでクラスに男子はボク1人。だもんだから肩身が狭く存在感がないので女子校のノリ。女子同士特有の悪ノリで下着姿でセクシーポーズ写メを撮り合ったり、おっぱいを揉み合ったり、スカートを捲り合ったりでとにかく過激すぎる!空気同然のボクはそれを見て勃起し続ける毎日…。しかし、ある時その勃起がうっかり見つかり、それまではしゃいでいた女子の態度が急変!」という長いタイトル(?)のもの。

 

作品は全部で5チャプター構成。最初のチャプター「悪ノリ女子が大暴れ⁈」は約20分で身体の絡みはなし。チャプター2〜5はそれぞれ約50分間で、射精はそれぞれ1回ずつ。射精を伴う4チャプターは全て3Pとなっている。

 

1. 悪ノリ女子が大暴れ⁈

授業終了のチャイムとともに休み時間が始まるところから始まる。主人公の周りに座ってる女子が、いわゆるスクールカースト最上位の4人組で、休み時間に大量のお菓子を広げたり大声で騒いだりしている。その遊びの中に、下着を見せ合ったり、えっちな写メを撮ったり、彼氏とのセックスを再現したりと、おそらくこんなノリは女子校でもないのだが、十分に楽しめるものであった。そんな中、彼女たちは主人公の存在に気付き、今までの悪ノリに焦りを感じる……かと思いきや、「あいつ勃起してなかった?」などと言って、授業中にスカートを捲ってパンツを見せて勃起させようとするではないか。最高!!

そんなこんなでチャプター1が終わる。 性交シーンはないが、このAVの世界観、すなわち、ここでいう女子校ノリとはこういうものだと定義する導入チャプターという意味で非常に優れていた。

 

2. 放課後に…

これはタイトル通り放課後のシーン。ここまでは設定が詳細で、どうやらチャプター1の日の放課後らしい。登場するのは先ほどの4人組のうちの2人。「さっきのあいつの勃起やばかったね。」などという会話から始まる。そんな会話をしているところに、主人公が教室に戻ってきて家に帰ろうとするが、また勃起させてみようという悪ノリから主人公が弄ばれることになる。主導権は女子生徒2人にあり、お前童貞だよなぁなどと蔑みながら主人公を勃起させるが、主人公(設定:非童貞)が女子生徒達を愛撫し始めると、彼女らは感じ、何回もイッてしまう。このチャプターの見所は、女子生徒達の反応がは?全然気持ち良くないんだけど。童貞じゃん。」→「ま、まあまあ気持ち良いかな。」→「ダメ!気持ち良い!もっと!と変遷していくところであり、文章では語りつくせない、細かい表情がとても素晴らしく、さすが女優といった感じであった。3Pといえば、問題となるのがフィニッシュである。どちらの女の子でフィニッシュするのか。これはもう個人の趣味の問題であるが、冒頭で2人を見た瞬間に僕のより好みの女の子でフィニッシュしたので、僕は満足だった。

 

3. 体育の時間に…

購買で買い物をしていた(チャプター1の4人組のうちチャプター2に登場していない)2人が体育の授業に間に合わないからといって、急ぐために教室で着替えを始める。着替えを始めたは良いものの、お互いの下着を見せ合ったりして、女子校のノリが始まってしまう。気づけば授業開始のチャイムが鳴っているが、それに気づかない彼女らの元に、先生から頼まれた主人公がやってくる。もちろん彼女らは下着姿。この状況でなぜ主人公は2人が着替えている教室で待っていたのかという疑問はさておき、2人の着替えを見ていた主人公の勃起したちんぽに2人が興味を示し始める。勃起ちんぽを見せろよという女子生徒主導権で始まったはずが、「僕も見せたんだから2人も見せて。」という旨の発言から形勢逆転。僕個人としては、主人公のテクニックから気持ち良さを得るために堕ちていく女子生徒が見たかったので、このよう安易な形勢逆転は非常に不本意であった。しかしながら、フィニッシュはやはり僕の好みの女の子だったので、まあまあ満足。

 

X. 閑話休題

さて、お気付きの方もいるかもしれないが、以上2チャプターでチャプター1のスクールカースト最上位の4人組は登場した。今後の流れとしては、残りの2チャプターで2人組が入れ替わる形で話が進むと思ったが、そんなことはなかった。最悪である。やはり、スクールカースト最上位の女達がバカにしてる男のテクに堕ちていくのが見たいのであって、スクールカーストの順位が描写されてない女達がそうなっても意味がない!!というわけで後半2チャプターはスクールカーストという観点からの評価は低めだった。

 

4. 掃除時間中に…

掃除変わってよーお願い!などと主人公に頼み、女子生徒2人組が掃除をサボって床に座り込む。しかしこれは主人公にとっては好都合で、パンチラ見放題である。そんな時に教師がやってきて、サボってる2人を叱るもんだから、2人は渋々と雑巾掛けを始める。やはりパンチラ見放題。勃起している主人公に気付き、セックスに至る流れは、これまでと同様。主導権の変動についてはチャプター3と同じ。フィニッシュは残念ながら、僕の好みではない方だった。スクールカースト、主導権、フィニッシュ全ての観点において、僕の期待に外れるものであり、全チャプターの中で最低評価。

 

5. 部活が終わって…

 部活が終わった後、2人の女子生徒が教室に忘れ物を取りに来る。ついでに教室で着替えちゃおうか、というノリになって、着替え中に写メを撮りあったりする女子校のノリはチャプター3と同じ。さらに、忘れ物をした主人公も教室に入って来る。勃起ちんぽを見せる流れまでは、設定が微妙に異なるだけでほとんどチャプター3と同じである。しかし、ここからが異なる。写メを撮り合うなどの女子校のノリがえっちの最中にも続くのである。具体的には、フェラチオしてる記念撮影をしたりする。エロい!!しかも、これまでのチャプターとはまた違った良さがあった。これまでは、半ば主人公をバカにした女子生徒達が主人公テクに堕ちていく話であったが、今回の女子生徒達は好奇心旺盛な感じを醸し出しており、「触ると気持ちいい?」「舐めてみてもいい?」「えーすごく気持ち良い」「入れたらもっと気持ち良くなるよね」などの発言が多々あった。こんな女の子とセックスしたい。フィニッシュは僕の好みの子ではなくて残念であったが、主人公と女子生徒達の関係が他のチャプターにはないものであり、それが味を出していた。

 

X. 最後に

AVをぶっ通しで観るのは、射精的観点からも、時間的観点からもキツいと思っていたが、チャプターごとに分けて見れば意外といけることがわかった。

 

このAVを観て得た結論は、

 

JK2人と3Pがしたい!!!

 

です。