読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可愛い女子高生が泊まりに来た

前回、前々回とHunterの作品が続いたが、今回観たのはScoopの作品。

 

クラスで一番モテる女子が僕の家にまさかのお泊まり!?部屋に入ってから警戒心がないのか、パンツ丸出しでスキを見せまくる彼女に勃起確定!!

 

まさに夢のようなシチュエーション。パッケージの裏表紙の写真を見ると、もちろん目隠しはされているのだが、雰囲気が可愛い。さすがクラスで一番モテるという設定だけある。これは大いに期待して良いだろう。

 

作品は全5チャプター編成。

 

1. 無防備で可愛い女の子

はい、可愛い。確かに可愛い。クラスで一番モテる。間違いない。こんな子と部屋で2人きりなんて、その時点で勃起確定だわ。このチャプターを観た感想を率直に述べれば、

何だこの神作品は!!!!

という感じ。すごい。お母さんと喧嘩してしまった女の子。家に帰りたくないからという理由で主人公の家に泊めてくれと頼む。主人公は最初「親に聞いてからね」などと乗り気ではないのだが、女の子が「もう私泊まるって決めたから!」と布団に飛び乗り、彼女のパンツが露わになると、「親を説得してみるよ」などと一瞬で意見が変わる。最高。性欲に忠実に生きよう。疲れた女の子はベッドでうたた寝を始めてしまう。それを見た主人公は、起こさないようにスカートをめくりパンツを眺めたり、ブラウスの陰からおっぱいをのぞいたりして、フル勃起。彼女が目を覚まさないうちにオナニーに勤しむ。最高。性欲に忠実に生きよう。そんな彼とは裏腹に、女の子は途中で目を覚ましてしまう。「今オナニーしてたでしょ?笑 えっちする?」何だこれは。最高。本当に最高。物語の細部まで、主人公と女子高生が為す会話が、もうこれは男の夢。文句なしの神作品だった。

※モザイク越しにわかるガバマンと奇形(?)チンポがNG

 

2.色気でガンガン攻めてくる女子高生

僕の好みではないにしろ、まあ普通に可愛い。合格。クラスで一番モテる。おk。

いきなり終電を逃した設定から始まるのでそこだけはうーん。5分くらい観ていると、バイト先の先輩と遊ぶのが楽しくて気づいたら終電逃したのでクラスメイトの家に泊まりに来たことがわかる。部屋にはベットがなく、ソファーで談笑していたので、リビングなのかとも思ったが、主人公の私物が沢山あるので主人公の部屋かもしれない。もう少しその辺の状況がわかるようにしてくれると良い。しかし、このチャプターもあれだな、

何だこの神作品は!!!!

という感じ。本当に良かった。ちょっとSっ気のある女子高生が、セックスの指南をしてくれる。それだけにとどまらず、なんと女の子がとても感じやすい体質。これはとても良い。セックスの指南をしているのだけれど、主人公に弄られるとすぐにビクンビクンと感じてしまう。その様子が本当に良い。最高だった。

※最後のシーンで「○○ちゃん、このまま付き合わない?」というセリフがダメ。セックスしただけで付き合えると思ってんのは童貞だけだぞ!!

 

3. おちんちんに興味のある女子高生

このチャプターでは家の鍵をなくした女子高生が幼馴染の主人公の家に泊まりに来る。白いムチムチした太ももが最高に良い女の子。これはシコれる。お互いに漫画や雑誌を読み始めるが、しばらくして女の子がベッドで横になり始める。もちろんパンモロ。それに気づいた主人公は漫画を読むふりしてパンツを眺める。それに気づいた女の子は、わざとらしく腰を振ったりしてパンツが見えやすくする。しばらくして「ねえ、それどうなってるの?」と言いながらちんぽを指差し、しまいには「見せてよ」と言いながらズボンの上からちんぽを触り始める。なるほど、おちんちんに興味のある女子高生だ。主人公は最初は嫌がるが(なぜ嫌がるのかは理解できないが)、最終的にズボンとパンツを下ろしちんぽを見せる。「へえー、こんなになってるんだ!小さい頃とは違うね!」などと言いながら軽い手コキのようになる。主人公は今度は自分に見せろと主張しまんこを見せてもらい、手コキと手マンが同時に行われる形になり、そこからずるずるとセックスに発展する。愛撫がおっぱいからではなくまんこから始まるAVは初めて見たかもしれない。要所要所に、ちんぽに響くエロいシチュエーションがあり、こんなセックスがしたいなぁと思った。良い作品だった。

※撮影してる場所の関係なのか、バックグラウンドノイズが常に鳴り響いていてうるさかった。

 

4. 巨乳で感度の良い女子高生

次の日のテストに向けて部屋で勉強するシーンから始まる。「頭いい人に教わっても難しくてわかんないかも」うんうん、僕もよく言われるよ。そんな感じで主人公の方に感情移入がしやすく、神作品であることが期待された。その主人公はというと、顔にはモザイクがかかっているものの溢れ出るイケメンオーラ、優秀という設定なのだから、これほどまでに僕にぴったりな主人公はいない。開始3分で僕は主人公になりきっていた。せっかく人が教えてあげようとしているのに、すぐに休憩と言ってソファーで寝っ転がり出す女の子。捲れたスカートから出る太ももの白さが眩しく、最高の景観だった。寝返りを打ちながら体勢を変えたせいで、パンツが露わになる。パンツに見惚れて勃起してしまったが、おさまる暇もないまま、女の子が起きてしまう。女の子は勃起ちんぽに気づき、少し気まずい空気が流れるが、「怒ったよね。ごめん」と謝り続ける主人公に対し、「別に嫌じゃなかった」と女子高生。これはもうセックスですわ。この作品は本当に理想のシチュエーションで、女の子に勉強を教えることになる→頭良くてかっこいいところを見せる→ちょっといい雰囲気になる→セックス、高校生の頃にこのセックスをもっとやっておきたかったですね。セックスを始める時の女の子の「優しくしてね」という発言がとても良かったです。

漢字検定2級の問題集→桐原頻出英文法問題と問題集のギャップが面白かったのと、受験生時代僕も桐原をやっていたので懐かしい気持ちになりました。

 

5. 白いモチモチの柔肌をした女子高生

何だこの神作品は!!!!

チャプター3,4では出なかったこの雄叫びが、チャプター5にて復活。神作品だった。

親と喧嘩をして家出をした女子高生。泊めてほしいと電話をする玄関先のシーンから始まる。これまでのチャプターに比べて、導入から泊まりに来る経緯を端的に表すシーンになっており、非常に良い。部屋で談笑をしていると、主人公の方があくびをし、眠いことを示唆する。これは逆夜這いか?と胸の高鳴りを抑えきれなかった。シャワーを浴びにいった主人公をよそに、泊まりに来た女子高生が主人公のエロ本を見つけてしまう。エロ本を見て女子高生のパンツが濡れている描写が非常に良い。さてシャワーから主人公が出て来ると、就寝しようという流れに。いよいよ逆夜這いの機運が高まる。しかしそうもうまくは行かず、寝っ転がりながら会話をし、セックスに発展していってしまった。ただ、セックスに発展していく最初の一手が、同じベッドに入っている女子高生が主人公のチンポをズボンの上から弄るものであり、逆夜這いとはいかないまでも、非常に良いものであった。女子高生による丁寧なフェラチオも好感度が高い。本当に最高だった。

 

 

以上、5チャプターであったが、やはり結論は、

 

女子高生に泊まりに来てほしい!流れでセックスしたい!!

 

というところであろう。あー、こんな青春送りたかった。