複数の異性と肉体関係を持つことに対する意識の男女における差異

Abstract 

筆者は会う約束をした女の子にドタキャンをされがちである。そこで、ドタキャンが生じる原因として、自分が女の子と寝ている情報をTwitterで発信しているのが理由ではないかと考えた。いろいろな男と寝ている女の子に対してアンケートを実施したところ、相手の男もいろいろな女の子と寝ていることがわかると会うのを渋る女の子が約35%であることがわかった。この研究は、今後オフパコにおけるドタキャンを生じさせないための成果として期待される。

 

1.はじめに

最近ドタキャンされることが多い [1,2]。1/19から3/19の2ヶ月間で15回もドタキャンされるほどである [2]。ドタキャンの理由としては、相手の素性が知れない、あるいは、むしろ素性を知りすぎて会うのが怖いなどといったものが考えられるが、今回は、男性と女性の性行為に関する意識の違いに着目した。

筆者がSNSを介して女の子と約束をするとき、他の人には見られない2人だけの空間であるところのDMでやり取りをすることが多い。そのためDMを募集することがたまにある [3]。このような募集によって、何人かの女の子から連絡が来るのである。つまり相手もそれなりの意志を持って連絡しているはずである。しかしながら、ドタキャンが多いのはなぜか。SNSによる情報発信によって、相手から敬遠されるのではないかと考え、それにまつわるアンケート調査を行った。

本論文は、以下2節においてアンケートの概要を説明し、3節で結果を述べ、4節にて今回のアンケートの考察をする。

 

2. アンケート

本研究では、いろいろな男性と寝ている女性を対象にアンケート調査を実施した [4]。アンケートの選択肢は3つとし、これから寝る予定の男性がいろいろな女の子と寝ている事実を改めて聞かされたときに、

①好感が持てる

②自分はその男性と寝たいだけなので気にしない

③会うのを躊躇う

とした。文献の [4]においては4択目が用意されているように見えるが、これはノイズを取り除くためのものである。

 

3. 結果

文献 [4]を参照していただければわかるように、有効票数は526票であった。これもある種の驚きであり、「多数の男性と肉体関係を持っている女性」が少なくとも526人いるということである。もちろん、ノイズが0であることを仮定した。①と回答した人は99人であり、予想通り、一番少ない人数となっていた。②のセックス出来ればどうでも良いという意見の人は予想通り1番多く、241人という結果になった。そして、今回問題の③であるが、186人ということであり、なかなか多い結果になっていた。

 

4. 考察

①の回答者が一番少なく、②の回答者が一番多かったのは概ね予想通りであった。①の回答理由としては、経験人数が多ければ、セックステクニックにも期待が出来るという考えが根底にあるのであろう。②の回答者たちは、性に忠実であるあたりが出ていて非常に良く、人間の3大欲求のうちの一つであることを端的に表していると言えるであろう。さて、③の回答者が意外と多かったことについては、「自分が複数の男と寝ていることを棚に上げて、たくさんの女と寝ている男を煙たがる女が意外と多い」ということを示している [5]。

今回の研究ではノイズを十分に検討することはしなかったが、いろんな男に股を開くビッチとセックスしたい場合においても、自分が同様に複数の女性と関係を持っていることは隠すべきであるという結論が得られた。セックスチャンスを狙う男性陣には是非参考にしていただきたい。

 

参考文献

[1] 物理のできるチンポ手帳、2017、unpublished.

[2] https://twitter.com/chimpo_of_ph/status/843311715198492672

[3] https://twitter.com/chimpo_of_ph/status/840526877500428288

[4] https://twitter.com/chimpo_of_ph/status/843014983583580161

[5] https://twitter.com/chimpo_of_ph/status/843451617387016192